プログラミングの良さを伝える学習支援

ソフトウェア開発の技術者は、現代の情報コンピューター社会にとって必要不可欠な存在である。ただし、必ずしも今後もこの人材が確保できるとは限らない。人材を増やしていくためには、いかにソフトウェア開発が魅力的なものであるか伝えていく必要がある。実際にやってみると、思っていた以上にプログラミングには面白い面があり、その点に気づけばプログラマーとしての仕事を選ぶきっかけにもなる。
しかし、プログラミングの魅力を伝える上でのデメリットとしては、表面上その面白さが伝わりにくいという点にある。プログラムは英語や数字の羅列であり、一見してそれがどのような意味を持っているのかが分からない。
また、プログラミングを始めた頃は、タイプミスなどによりうまくプログラムが機能しないことがほとんどである。そのため、初心者の多くが魅力を知る前に学習を挫折してしまう。このデメリットの面を克服するため、ソフトウェア開発の業界としては、技術者育成のための何らかの橋渡しとなるサポートを行わなければならない。
プログラム制作の面白さを伝えるため、学習支援のソフトウェアを開発することも方法である。難しい英語や数字を使わなくとも、プログラムを組み上げる事ができる初心者向けの学習支援ソフトを提供することで、ソフトウェア開発の面白さのエッセンスが伝えられる。学習の始めの難関をクリアして面白さを知る機会を増やせば、挫折せずに技術者を目指す人材が多くなる。もっとプログラミングの魅力を世間に知ってもらいたいものだ。

0 comments:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です