面白さや魅力を知る

仕事は生計を立てるためのものであるものの、魅力を感じていなければ長期間続けていくことは難しい。たとえ厳しい仕事であっても、そこに何らかの面白い要素があるからこそ、継続していける。仕事を長く続けていくのであれば、その仕事に何らかの面白さを見い出さなければならない。プログラミングも同様であり、作業や義務として捉えていると、その仕事を続けていくのは辛いものがある。

プログラミングの魅力としては、創作の楽しみがある。物を作るということには、人間は自然と喜びを感じることができる。自身が手がけたものが、思っていたとおりに動き出すのは感動的な体験である。プログラマーにとっては、ソフトウェアがその創作物であり、コンピューター上で実際に動き出したときの喜びは非常に大きい。実際にソフトウェアが完成するまでには、プログラミングの作業では細かな作業や、多くの苦労が伴う。その数々の苦労を乗り越えられるのも、ソフトウェア開発の仕事に面白さと魅力が備わっているからである。プログラマーの仕事は、一般的な視点から見ると非常に難解で苦労が多いように見られている。しかし、プログラマーの本人たちは、その仕事の厳しさの先に、大きな喜びがある事を知っていて、難解な課題にも面白さを感じながら仕事に従事している。これからプログラマーの仕事を目指す人は、いちはやくソフトウェア開発の面白さについて体感し、開発の良いサイクルの中に身を置くことが必要となる。

0 comments:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です